筑波大学
オリンピック・パラリンピック総合推進室

Office for the Promotion of Olympic and Paralympic Activities

ボランティア養成講座の紹介

ラグビーワールドカップ2019日本大会のほか、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会といったスポーツメガイベントの開催が近づいています。また、2019年には茨城県で国民体育大会・全国障害者スポーツ大会が開催され、つくば市においても自転車(ロード)やアーチェリー競技の実施が決まっています。大規模なスポーツ大会を運営するにあたって、障害の有無に関わらず、観客や選手の方々に対応できるボランティアが社会的に求められています。

筑波大学ではスポーツボランティア養成に関する講座を開講し、ひとりでも多くの本学学生が講義を通じて得た知識・技能・経験を有効に活かし、障害者スポーツのボランティアや障害者支援に携わっていくこと、また、生涯にわたって「共生社会の形成」に積極的に関わることのできる人材として活躍していくことを目指します。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をはじめとする大規模な大会で「リーダー」として活躍するために必要な知識や経験値を獲得できる本学の講座を紹介します。

 

(クリックすると拡大表示します。)

 

 

 

 

基礎講座「障害のある学生とともに学ぶ共生キャンパス~障害者スポーツボランティア基礎講座~」

 

春学期・秋学期 ともに水曜6限

主な受講内容と講師

人間系・DACセンター・体育系・保健管理センターの教員によるオムニバス形式で進行します。全10回の講義を通じて、障害ごとの理解を深めるとともに、スポーツボランティアとして活動するために必要となる基礎的な知識を学びます。

 

(第1回の様子:竹田一則 人間系教授)

 

「障害」と「共生社会」 竹田 一則 人間系教授
本授業のガイダンスとして「障害」とは何かについて解説し、「共生社会」や「共生キャンパス」の在り方について考える。
ボランティア活動とは何か 名川 勝 人間系講師
ボランティアの基本的な事項について確認し、大学という環境の中でこれを行う際に考えるべきことなどを述べる。
視覚障害学生の理解と支援 小林 秀之 人間系准教授
「見えない」(盲)・「見えにくい」(弱視)という状態を理解した上で、視覚障害学生のキャンパスライフに必要な支援について解説する。
聴覚障害学生の理解と支援 加藤 靖佳 人間系准教授
聴覚障害の特性について概説し、大学で行われている主な支援方法(手書き要約筆記・PC要約筆記等の情報支援)を紹介する。
運動・内部障害学生の理解と支援 名川 勝 人間系講師
運動・内部障害学生について、障害の状態やニーズと時期に応じてどのような支援を行うか解説する。また関連して、キャンパスバリアフリー、就職支援、生活支援などについても述べる。
発達障害学生の理解と支援 佐々木 銀河 DACセンター助教
発達障害は見た目だけでは判断できず、様々な誤解を受ける可能性がある。発達障害とはどのような状態なのか、また学生生活を送る上でどのようなハンディキャンプを有しているのかについて解説する。
保健管理センターと連携した支援:こころの問題 太刀川 弘和 医学医療系准教授・保健管理センター所長
障害学生のこころの問題や主な精神障害について学習し、保健管理センターと連携した支援や精神的危機への対応について考える。
アダプテッドスポーツ 澤江 幸則 体育系准教授
障害者スポーツ・アダプテッドスポーツについて概説し、大学内外で行われている取り組みを具体的に紹介する。
スポーツボランティア 澁谷 茂樹(笹川スポーツ財団)
「スポーツボランティア」について調査・研究している専門家を招聘し、スポーツボランティアについて概説する。またピョンチャン2018パラリンピックなど現場の様子を紹介する。
障害者スポーツボランティア:実際の活動を通して 竹田 一則 人間系教授
「障害者スポーツボランティア」として国内外問わず積極的に活動している大学院生2名をゲストスピーカーとして招き、障害者スポーツボランティアの実際の取組内容などを紹介する。

実践講座「障害者スポーツボランティア実践講座」

 

春学期:平成30年7月18日・7月19日(集中・2日間)
秋学期:平成31年1月30日・2月4日(集中・2日間)
※同じ内容を春・秋学期の2回開講予定です。

 

(クリックすると拡大表示します。)

 

主な受講内容と講師

障害への理解をさらに深めると共に、障害者スポーツや障害者に対応するコミュニケーション支援・移動支援の方法について実践を通じて学びます。人間系・体育系・DACセンターの教員による分野を超えた実践講座です。

障害者スポーツボランティアの理念 竹田 一則 人間系 教授、齊藤 まゆみ 体育系 准教授
障害者スポーツの理解とボランティア 松原 豊 体育系 教授
視覚障害の理解とボランティア 小林 秀之 人間系 准教授
聴覚障害の理解とボランティア 原島 恒夫 人間系 教授
運動障害の理解とボランティア 名川 勝 人間系 講師

 

履修条件

次のいずれかの授業を履修している学生及び過去に履修した学生に限ります。

  • 総合科目「障害のある学生とともに学ぶ共生キャンパス〜障害者スポーツボランティア基礎講座〜」
  • 「障害児指導法(H31年度~特別支援教育)」
  • 「障害と共に生きるⅠ、Ⅱ」
  • 「障害科学Ⅰ、Ⅱ」
  • 「アダプテッド・スポーツ教育」
  • 「アダプテッド・スポーツ科学」

 

 

スキルアップ講座「スポーツボランティア・リーダー養成研修会」

 

(クリックすると拡大表示します。)

 

春学期:2018年 7月26日(木)10時~17時
秋学期:2019年 2月  7日(木)10時~17時
※同じ内容を春・秋学期の2回開講予定です。

主な講習内容

  • スポーツボランティア/スポーツボランティア・リーダーとは
  • スポーツボランティアに関する統計
  • リスクマネジメント など

講師

澁谷 茂樹(笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所 主席研究員)
但野 秀信(日本スポーツボランティアネットワーク 事務局長)

履修条件

「障害者スポーツボランティア実践講座(自由科目/特設)」受講修了生限定

※本講座までに別途オンデマンド講義(約2時間)の受講が必須となります。詳細は実践講座内(裏面参照)にてお伝えします。
※本講座(無料)を受講し、JSVN(日本スポーツボランティアネットワーク)のライセンス発行を希望する場合は別途4,500円が必要になります。
※ライセンスに関する詳細はJSVNのHP(別窓表示)をご確認ください。

 

 

ページの先頭に戻る