筑波大学
オリンピック・パラリンピック総合推進室

Office for the Promotion of Olympic and Paralympic Activities

研究

国代表レベルのアスリートのパフォーマンス向上への貢献

スポーツ医学、栄養学、コーチング法といったスポーツ科学や障害科学、工学などの諸科学を活用して、国代表レベルのアスリートのパフォーマンスの向上を図ります。

関連事業のご紹介

スポーツResearch & Development コア

文部科学省が実施した「チーム『ニッポン』マルチサポート事業」(現在はスポーツ庁、独立行政法人日本スポーツ振興センターが実施する「ハイパフォーマンスセンターの基盤整備事業」)の一環として,筑波大学における研究開発プロジェクトの円滑な運営のために設立されました。 国内の大学,研究機関及び民間企業と連携する体制の構築により,トップレベルの競技者等に対する高度な支援に必要な研究開発を行います。
 
もっと詳しく→スポーツ R&D コア

  スポーツ R&D コア      

 

 

 

スポーツに関する独創的で革新的な研究と若手研究者養成

運動・栄養・休養の総合的融合による次世代型トレーニング/コンディショニング策を競技スポーツ現場に実装することを目指しながら、オールジャパン体制で課題に取り組むための新たな体制づくりに貢献します。 (スポーツ庁受託事業「スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト(SRIP)」)

事業実施拠点のご紹介

筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)

体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)がSRIP事業を推進しています。

 

ARIHHP
ARIHHPは本学の卓越した健康・スポーツ科学研究拠点を基盤とし、最先端の生命・認知脳科学及び先端スポーツテクノロジーを導入した次世代健康スポーツ科学を推進します。

 

ARIHHP02心・技・体を基盤とした人間の総合的な身体活動能力を最大化する方策として、様々な要素を統合した運動プログラムやトレーニング法を開発・応用し、それらの成果を政策提言や社会体育、並びに人材育成を通して、アスリートのみならず広く社会へ還元することを目指します。

 

もっと詳しく→ARIHHP Webサイト

 

 

 

アンチドーピングのための研究開発

ドーピングコントロールのための効率的な検査方法とアンチドーピングのための教育方法の創出を図ります。

関連事業のご紹介

アンチ・ドーピング研究教育拠点

アンチ・ドーピングに関する制度、政策、文化に関する研究を行います。そして、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)及び日本アンチ・ドーピング機構(JADA)、国内外のスポーツ組織、教育機関と連携して、現場に即した教育プログラム開発し、さらにドーピング分析・測定方法に係わる研究開発を行います。

 

アンチ・ドーピング01
アンチ・ドーピング02
アンチ・ドーピング03

 

 

 

IOCオリンピック教育プログラムの評価方法の確立

IOCの委託を受け、IOCが開発したオリンピック価値の教育プログラム(OVEP)の普及と評価方法を確立するための研究を、IOC教育チームとともに行います。

関連事業のご紹介

オリンピック教育プラットフォーム(Centre for Olympic Research and Education)

本学はこれまでに体育・スポーツ科学における多様な研究・教育活動を蓄積するとともに、多くの在校生・卒業生がオリンピアン、パラリンピアンとして国際的な舞台で活躍してきました。 これまでの歴史を継承し、特別支援学校を含む11の附属学校や国内外の関係諸機関との連携のもとに、日本初となるIOC認可のオリンピック研究センター(Olympic Studies Centre)としてオリンピック教育の研究・実践を推進しています。
 

 

 

 

 
オリンピック教育プラットフォーム

 

ページの先頭に戻る