筑波大学
オリンピック・パラリンピック総合推進室

Office for the Promotion of Olympic and Paralympic Activities

最新情報

2019.11.08

令和元年度筑波大学附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~を開催

附属図書館では、「令和元年度筑波大学附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」と題して、日本がどのようにオリンピックを受容し実現しようとしていたのか、さらに日本文化との関わりについて、本学所蔵のオリンピック関連資料を中心に3部構成で展示を行います。

 

第1部では、1964年そして2020年の東京オリンピック開催に至るまで、未開催に終わった1940年を含めて、どのように招致活動が展開されたのかについての資料を展示いたします。

第2部では、オリンピック開催期間中の芸術展示や雑誌等で取り上げられた様子を中心に取り上げています。

第3部では、オリンピック開催終了後の報告書や写真集などを紹介いたします。

 

会期:令和元年11月1日(金)~12月6日(金) 9:00~17:00

   ※11月24日(日)は閉室

 

会場:筑波大学中央図書館 貴重書展示室

 

アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。

利用停留所(関東鉄道バス)・・・筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前又は筑波大学中央」下車

高速バス・・・筑波大学行きの場合は,終点の筑波大学(筑波大学中央バス停と同じ)でお降りください。

 

本特別展は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会参画プログラムの一つとして開催します。

特別展・講演会とも入場無料です。

 

詳しくは、附属図書館特別展オフィシャルWebサイトをご覧ください。

 

 

特別展ポスター

ページの先頭に戻る