筑波大学
オリンピック・パラリンピック総合推進室

Office for the Promotion of Olympic and Paralympic Activities

最新情報

2018.03.08

『国際総合大会ドーピング・コントロール・オフィサー養成講習会』参加者募集のお知らせ

東京2020組織委員会と公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(以下、JADA)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等でドーピング検査を行う「国際総合大会ドーピング・コントロール・オフィサー」となるための養成講習会への受講者を募集しています。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、国内で行われるドーピング検査の1年分に相当する検査が想定され、多数のドーピング・コントロール・オフィサー(DCO)が必要となります。養成講習会、研修、DCO認定を経たうえで、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む日本国内で行われる国際総合大会におけるドーピング検査に対応するドーピング・コントロール・オフィサーとして、多くの方に活躍いただくことを目指しています。

 

※なお、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で活動する為には大会組織委員会による最終選考を通過する必要があります。
※国際総合大会ドーピング・コントロール・オフィサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む日本国内で行われる国際総合大会におけるドーピング検査に対応する、認定期限(2020年度末)付きのドーピング・コントロール・オフィサーです。

 

講習受講募集期間

一次募集 2018年2月28日(水)〜 2018年3月30日(金)
二次募集 2018年4月 6日(金)〜 2018年4月30日(月)
※一次募集より適宜選考を開始します。
※一次募集、二次募集の内容につきましては、募集期間を除き、違いはありません。

募集要項

  • 申込時の年齢が20歳以上66歳以下の方
  • 長時間の歩行業務に対応できる方(2〜3時間程度)
  • 対人関係を良好に構築できる方(円滑なコミュニケーションがとれる等)
  • 日本語でのコミュニケーションが取れる方(講習会・資料等は日本語の為)
  • 外国人と英語でコミュニケーションがとれる方(TOEIC550点、又は同等レベル以上)

関連サイト

ドーピング・コントロール・オフィサーについて、詳細は下記サイトでご確認ください。

ページの先頭に戻る